難しいところ

働く車

原状回復工事費用の負担は今後どうなる

不動産の退去時には原状回復工事をしなければいけません。しかしこの原状回復に関して様々な問題も発生しています。貸主と借主のどちらが負担するのか線引きが明確でない為ですが、通常の使用による損耗は借主には負担できないというのが一般的でした。しかし裁判で一定限度額であれば借主の負担として敷金から差し引くことは出来るという判決が出ました。このケースは賃貸契約時に敷金の中から原状回復工事費用を差し引くという特約を設けていました。そのためこのような判決が出たのですが、これまでは通常使用による損耗の場合は原状回復工事費用は借主に請求できないというのが通例となっていましたが、それを覆す判決が出ましたので非常に注目されました。これにより今後は契約時に特約を設けるケースが増えてくるのではないのかと思われます。しかしそのことは契約時にはきちんと借主に説明をしておきトラブルが起きないようすることが双方にとって大切になってきます。

トラブルが起きないようにすることが大切

原状回復工事二関して気を付けておきたいことがあります。まず賃貸契約時において原状回復に関しての説明をきちんと受けておくことです。また入居時に物件の状態を写真に収めておくことも重要です。トラブルが起きないように政府によって原状回復のガイドラインが作成されておりますので、それを活用することも有効です。契約書に特約が記されていない限り通常による損耗や自然損耗では借主による負担は発生しません。しかし借主側に過失がある損耗では原状回復工事の費用を負担しなければならなくなりますが、一般的に原状回復工事の費用の相場を知っている人はあまり多くありません。貸主側の業者の見積もり価格に納得がいかない場合は、第三者機関などに原状回復工事業者を紹介してもらうことも可能ですので検討してみても良いと思います。